マンションの売却にかかる期間はどれくらい?

マンションはやはり高額な取引になるため、売却をするのに時間がかかってしまいます。

そこで、基本的にマンションを売却する際にはどれくらいの時間を要するのでしょうか。この記事では、マンションを売却する業者と契約を結んでから、実際に売れるまでの流れや売却が決まるまでにかかる時間の目安などについて解説します。

『リゾートマンションを売却できないときの対処法』

マンション売却の流れは?

まず、マンションを売るにあたって買い手が見つかるまでどのような流れで進んでいくのでしょうか。そこで、マンション売却の流れを確認しましょう。最初は業者選びから始まります。業者を選ぶにあたっては、複数の業者に査定を依頼して、高額な査定額を提示したり、対応が良かったりする業者を選ぶのが一般的です。

大手だから安心という訳ではなく、大手でも対応が悪かったり、小規模でも対応が良いスタッフがいたりするので、規模で業者をすぐに決めるのは危険なのでやめましょう。マンション売却の実績なども考えたうえで、総合的に判断して自分が持っているマンションを任せられる業者を決めることが大切です。

信用できる業者を見つけられたら、媒介契約を結び、売り出すことになります。売却が始まったら、内覧の申し込みが来るのを待ちましょう。内覧に関しては、なるべく家主が同伴できるのが理想的です。そうすれば購入希望者に対して家の良い所、悪い所を直接伝えることができるので、より売却に対して前向きになってもらえる可能性があります。

そして購入希望者が確定したら手続きを済ませて売却完了となります。

マンション売却にかかる期間はどれくらい?

マンション売却にかかる期間は大体3ヶ月程度と言われています。ただ、これは順調に売却が進んだ場合であり、3ヶ月~半年程度が目安と考えておくのが良いでしょう。しかし、立地が悪いなど不便な点が多い物件だと半年かかっても売れないことがあります。

その場合は業者を変えるなどする必要があるでしょう。

なるべくマンションを早く売却したい場合は?

マンションを売却するのには3ヶ月~半年程度かかると解説しますが、マンションを売却することを考えている人の中にはすぐにマンションを手放して現金を手に入れたいと考えている人もいるでしょう。マンションを売却する際の手段には買取と仲介の2種類があり、一般的には不動産会社などに間に入ってもらって買い手を見つけてもらう仲介を選ぶことが多いです。

しかし、マンションを売りたい場合、直接不動産会社に買い取ってもらうこともできます。この場合は仲介の場合と違って個人もしくは企業の買い手を見つける必要が無いので、不動産会社と交渉を行って話がまとまればすぐに現金を手に入れることが可能です。

マンションを売却する際、瑕疵担保責任と言って買い手が購入する前に説明していなかった欠陥が見つかった場合、売り主がその補修費用を負担しなければいけないというルールが存在しますが、不動産会社に売却した場合なら瑕疵担保責任も発生しません。

不動産会社に売る場合、仲介の場合と比べて1~3割程度安い金額で売ることになってしまうというデメリットもありますが、どうしても売り手が見つからないなら不動産会社に売ることも考えてみましょう。

売れないマンションを売るには?

マンションがなかなか売れない場合、売り値を下げるという手段があります。しかし、売り値を下げるにもコツがあるので、すぐに売却価格を下げるのは危険なので、しっかり話し合ったうえでどれくらい下げるか決めましょう。

基本的に売り値を下げる場合はこまめに少しずつ下げるのではなく、大幅に値下げすることの方が多いです。マンションの場合、価格が何千万単位なので、10万円程度の値下げではあまり値段が下がった感覚が無いでしょう。

そのため、基本的には100万円単位で値下げを行う方が買い手が見つかる可能性があります。それに、少しずつ10万円単位で値下げを行っていると、こまめにマンションをチェックしている人は値下げに気づくかもしれませんが、まだ値段が下がると思って購入を先延ばしにしてしまう可能性も高いです。

ただし、10万円単位の値下げが効果的なケースもあります。日本だと「にーきゅっぱ」と言うように、2980円など価格の最後の数字を98にすることが多いです。

この理由は、2,980円は3,000円より20円安いだけだけれども最高位の数字を1低くすることで大幅な値下げと勘違いさせる心理が関係しています。マンションも同様で、例えば4,010万円で売りに出していたマンションを3,980万円にすることで購入者が見つかることが多々あります。

マンションの検索サイトは3,000万円~4,000万円、4,000万円~5,000万円と1000万円単位で区切られていることが多いです。

そのため、4,010万円で売られていたマンションは4,000万円~5,000万円に分類されますが、30万円値下げをするだけで3,000万円~4,000万円のマンションを探している人にもチェックしてもらえるようになります。

このように、少し値下げするだけで価格帯が変わる場合は少し値下げして様子を見てみましょう。

値下げを前提に売却価格を決めることが大事

立地が良いマンションはすぐに買い手が見つかることが多いですが、そうでない場合は値下げをしないと売れないことが多いです。そのため、売れるか自信がない場合は値下げを前提に価格を設定するのが良いでしょう。基本的に売れるか自信のない売り主は最初に売り出す価格だけでなく、1度目の値下げ価格、2度目の値下げ価格もしっかり決めたうえで売りに出している人が多いです。

事前に値下げを想定しておけば不動産業者や購入希望者との値下げ交渉もスムーズに進むでしょう。

マンションを売るには時期も大切

マンションにも売れる時期と売れない時期があります。そのため、マンションを売りに出す場合は時期もしっかり考えたうえで売りに出すのが良いでしょう。基本的にマンションが売れるのは2~4月、8~10月辺りです。

4月・10月など区切りの良いタイミングで転勤や結婚などを考える人は多いでしょう。そこで、この時期に間に合うように1~2ヶ月前辺りから物件を探すので、2月・8月辺りはマンションが売れやすい傾向があります。

それに対して、4月・10月辺りは急な引っ越しが決まった人が焦ってマンション購入する可能性が高いです。このようなケースだと安いマンションから売れていく傾向があるので、他のマンションの売り値を確認し、あまりにも高すぎると感じたら値下げも考えてみるのが良いでしょう。