リゾートマンションを売却できないときの対処法

勢いで購入したリゾートマンションだったがあまり利用しないので売却したい、相続したリゾートマンションを手放したい、と悩んでいる人も少なくないでしょう。

売却しなければ維持管理費や税金もかかるので、利用しないのであれば早く手放したいものです。ただし、すぐに売却できるとは限らないもの。売りに出したものの買い手が見つからないという場合も多いです。その際の対処法を紹介しましょう。

『マンションの売却にかかる期間はどれくらい?』

更地にして売却する

リゾートマンションが売却できない理由として、デザインや内装などにこだわりすぎているという点があります。スタイリッシュな内装にこだわったり、オープンキッチンだったりといった部屋はオシャレで魅力的ですが、気に入らなければ買おうという気にはなれません。

また、耐震性や耐火性などに不安があると売却しにくくなります。こまめに管理がされているリゾートマンションであればよいのですが、掃除や管理が行き届いていない場合、印象も悪いでしょう。築年数にもよりますが、古びた印象を与えている場合は買い手を見つけるのも大変です。

そういったリゾートマンションなら、更地にしてしまえばスッキリするでしょう。更地の方が買い手は自由に好みの建物を建てることができるので買い手の幅が広がると考えられます。土地には産業廃棄物や汚染物質を含んだものが埋められている可能性もあります。

更地にすることでそれを確認することができ安心です。それも売りやすくなる理由です。ただし、更地にして売却する方法にもデメリットがあります。一つは解体費用がかかることです。売却したお金が入る前に解体しなければならないため、資金計画が必要です。

また、売却できなかった場合、建物がない土地は固定資産税などの税金が高くなります。さらに再建築不可物件の場合、建物を解体した後、新しく建物を建てることができず、既存不適格の場合は、現在と同じ延床面積の建物が建築できない場合もあります。

更地にする際には、そういった点を確認してからにした方がよいでしょう。

リフォームをして売却する

都心に住んでいた家族や夫婦がリゾート地に移住するケースや、セカンドハウスを持つ人が増えています。古民家などを安く借りたり、購入したりして田舎暮らしを楽しみたいと考えるケースは少なくありません。そういった人たち向けにリゾートマンションをリフォームし、売却するのも一つの方法です。

都会のマンションは3LDKや4LDKなど部屋を区切ってあるため、狭い印象がありますが、リゾートマンションの場合リビングが広めでゆったりした空間にしてあることが多いのではないでしょうか?都会の狭い空間で暮らしてきた人たちにとって、広々とした部屋は魅力的に映るでしょう。

大がかりなリノベーションなどをしなくても、リフォームをしてキレイにするだけで買い手が見つかる可能性もあります。

リゾートマンションや別荘売却を得意とする不動産会社に依頼する

リゾートマンションや別荘は住宅用の不動産とは違い特殊なものです。特殊な物件を売却するにはそれに適したルートを持っていたり、ノウハウがあったりする不動産会社の方が売却できる可能性が高まります。

リゾートマンションや別荘物件を専門に取り扱っている会社や、地域密着型でエリアに適した販売戦略を持っている会社などがおすすめです。リゾートマンションや別荘の売却に慣れている不動産会社であれば、その土地や建物の魅力を最大限に引き出しアピールしてくれたり、リゾートマンション売却に関する知識もあるので売却の際の注意点などもアドバイスしてもらえたりします。

安心して売却を依頼することができるでしょう。大手の場合は全国各地に拠点を持っていることも多いですが、その土地や建物の魅力を理解してくれるのは地元の不動産会社です。スムーズにまた高額で売却するためにも、売却するリゾートマンションがあるエリアの不動産会社に依頼することをおすすめします。

不動産会社に買い取ってもらう

不動産を売買する方法は仲介業者に販売活動を依頼する仲介と、不動産会社に買い取ってもらう買取があります。一般的に仲介は高額で売却できるが売却に時間がかかる、買取は成約しやすくすぐに現金になるが売却価格が低い、と言われています。

しかしそれがすべてのケースに当てはまるわけではありません。仲介を依頼したとしても、価格を下げれば早く売却することができます。価格の下げ幅はケースバイケースで、セカンドハウスなどの需要があればそれほど価格を下げることなく、素早く売却できる可能性もあるでしょう。

買取でも不動産会社やタイミングによっては高値で買い取ってくれる場合もあります。不動産業者が買い取ってくれるのであれば、解体やリフォームなどについても悩む必要がありません。安心して任せておけるでしょう。買取は売却活動の時間が必要ないため、スピーディに売却できるのがメリットです。

仲介手数料もかかりません。インターネットのサイトに登録したり、内覧などを行ったりする必要がないので、他の人に知られることなく売却できるというメリットもあります。仲介の場合は早くても1ヵ月~3ヵ月程度の売却期間が必要ですが、買取は早ければ数日から1週間、時間がかかっても1ヵ月程度で売却、現金化が可能です。

また、仲介の場合売主は買主に瑕疵担保責任を負うのが通常ですが、買取の場合瑕疵担保責任は免責されます。一定期間とはいえ、給排水管の故障など設備の不具合などについての義務を負うのは気が重いものです。買取であればそういったストレスもなくなります。

何より売却できずに困っている物件でも、不動産会社なら買い取ってくれる可能性が高いのがメリットです。ただし、売却価格は通常相場価格の60~70%と言われています。再販するためのリフォーム費用などを差し引いて買取価格を決定するためです。

安くなる可能性も高いのでそれも踏まえて検討しましょう。買取価格は不動産会社の事情などによって大きく差が出ることもあるので、不動産会社の査定は複数の不動産会社に依頼するようにしましょう。

他の所有者と共同売却を検討する

マンションの他の所有者で同じ悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?その場合、他の部屋の所有者と相談し、マンションの一括売却を提案してみるという方法もあります。自分だけで悩んでいても拉致があかない場合、同じ悩みを持つ人と協力して売却の方法を検討してみるのもおすすめです。

関連|不動産鑑定士監修!『マンション売却の心得』 > https://xn--u9j0hmenb6cc5492dmgjq5otma.jp/